更年期障害の改善にマカが効く

  • カルシウム

更年期障害の改善にマカが効く

閉経前後の10年間を更年期といいます。
更年期に差し掛かると卵巣の機能が低下して、やがて機能を停止しますので、ホルモンバランスが大きく変わります。
ホルモンバランスが変わると自律神経にも影響を与えるため、体全体のバランスが保てなくなり、様々な症状が出ます。
これが更年期障害です。

いつ更年期に差し掛かるかは人により違いますが、大体40代後半から50代前半にかけての10年間が更年期となります。
更年期障害は更年期に差し掛かる前から少しずつ症状が出る事もあります。
女性なら誰もがリスクを抱えていますが、そうなると分かっているなら、早い段階で予防もできます。

マカはホルモンバランスや自律神経のバランスを整える働きがあるので、更年期障害の症状を緩和させるのにも役立ちます。
例えば、イライラや不眠による体調不良といえば更年期障害の一般的な症状ですが、こういった気持ちを落ち着かせる効果もマカにはあります。
自覚症状がない人も少なくありませんが、もし他人から指摘をされた際には、早めにマカを取り入れることも大切です。
また頻繁に物忘れをするようであれば、更年期障害に片足を一歩踏み入れている合図かもしれません。
そんな時にも、マカに含まれるアダプトゲンが自律神経のバランスを整えます。

女性特有の悩みである月経異常も、更年期障害の主な症状です。
そのまま放置するだけではよくなるものでもありません。
周期に異常をきたし始めていたら、早めにマカを取り入れることも大切です。

意外な関係性として挙げられるのが、骨粗しょう症と更年期障害です。
これは体内のマグネシウムやカルシウムの生産量が年々減ってしまう事によって起こる問題です。
こういった点に関しても、マカに骨組織生産を高める成分が効果を生み出します。

マカは元々自然の植物ですし、サプリメントとして取り入れるので副作用のリスクもほとんどありません。

即効性は期待できませんが、早い段階から取り入れる事で、ゆっくり効果を実感できます。
毎日続ける事も大切ですから、続けやすいサプリメントがおすすめです。


ページのトップへ戻る